管理人checkpenです。元書士受験ブログでしたがぱっぱらーになってブログを転向致しました。
by checkpen
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
リンク
カテゴリ
全体
らりぱっぱ♪らりぱっぱ♪
発達障害
テレビドラマ映画演劇
その他
旦那
今日の一曲
THE東南西北&久保田君
Big Bird
構 康憲
ライフログ集
宮島久男
アフリカTV
ボーダーですから?
名言・迷言
英語
twitter
Ustream
Apple
sony
めんどい条文(主には会社)
計画表
勉強の息抜き
memo
条文その他問題
教材の記録
本試験問題1次
本試験問題2次
学習ノート
会社法
出自条文
路上アーティスト
美容
Skype英会話
NHK英会話
NHKラジオ英会話
英語学習
ココネ英会話
アフリカTV
裏チキン情事
TED
配信
洋服
料理
音楽
売上
以前の記事
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 03月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 06月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 06月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 10月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
ブログパーツ
フォロー中のブログ
やまぐちにて、特定社会保...
双極性障害Pancake...
58才で英検一級。そして...
foxy / 境界性人格...
マイノリティー
ELT脳活メソッドで愛と...
ライフログ
キミは他人に鼻毛が出てますよと言えるか

裁判長!これで執行猶予は甘くないすか

裁判長!ここは懲役4年でどうすか

私の嫌いな10の人びと

出るトコ出ましょ! 8 (8)

対岸の彼女

東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~

サマータイムマシン・ブルース スタンダード・エディション (初回生産限定価格)

白昼の死角

下山事件

謀略の昭和裏面史―特務機関&右翼人脈と戦後の未解決事件!

LIVE SINGLE COLLECTION

真珠区

野ブタ。をプロデュース

誰も知らない

国際スパイ ゾルゲの真実

不思議の国の相対性理論

死刑の理由

罪と罰、だが償いはどこに?

検察捜査

司法戦争

違法弁護

ラ・ブーム

ラ・ブーム(2)

ウエスト・サイド物語 コレクターズ・エディション

城市郎の発禁本人生

小説 大逆事件

ぼくがぼくであること

風町通信―その町へ行くのに特別な切符や旅券はいらない。

リトルベアーの冒険〈1〉―小さなインディアンの秘密

ラリホー―リリカル純情傑作短篇集

クラインの壷

おもいでエマノン

ホツマツタヘ―秘められた日本古代史

発狂した宇宙

火星人ゴーホーム

夏への扉

ぼくらの時代

猫目石〈上〉

岩館真理子自選集 (3) えんじぇる 集英社文庫―コミック版

すこしだけ片想い

トムは真夜中の庭で

赤毛のアンのお料理ノート

新編 ぼくは12歳

二十歳の原点

別冊宝島『昭和・平成 テロ事件史』

今、君の手をとって。

アンドロイドは電気羊の夢を見るか? (1977年) (ハヤカワ文庫―SF)

検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
おうちごはん
メンタル
画像一覧

<   2006年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

くまちゃん、ごめん。

病院は29日から3日まで年末年始休診。私は、木曜午後が通院日になっているので、うまいこと、休みをすりぬけて週一の診察に支障がなくラッキー状態。
病院にいくと、診察日が重なってるためいつも顔を会わせるHちゃんの姿とともに、O君の姿が。。

完全な思い違いだろうけれど、O君の姿を目にしたときには、ちょっと心に熱いものがこみあげたもんだ。彼は確か通院は別のところに通ってたと思うし、病院にくる理由はそれほどないはず。もしかすれば、近頃調子の悪い私をさりげなく気遣ってわざわざ病院に足を運んでくれたのかもしれないと、勘違いにもほどがあるにせよ、ちらっと思ったからだ。でもまあ、全然そんなこと関係なく用事があって、そこにいたのだとしても、私にはとても嬉しいことだった。そんなわけで、とってもとってもありがとう。。

違うかもしれないのに、来てくれてありがとうと言うのもちょっとキモい(相手にとって)ことだし、私は40手前にして生娘でもあるまいし、こんなことをいうのもアホだけど、男の人と対1で会話するのが苦手(というより、狭い空間限定での対人恐怖的な面があるのもあり・・)なので、Hちゃんをはさんで、待ち時間の間、ただ、たわいもない会話をして淡々と過ごした。そしてそれがとても心地良かった。

なんにも触れられない(今の私の状況等について)。なんにも言われない。ただそこにいてどうでもいい会話だけをしている。そしてなんていうことなく帰っていく。なんて心地よくほっとすることか。。

最近、周りの心配の余りに発せられる様々な雑音に頭を痛めていて、心に重石をおろされてる私には久しぶりに心を空っぽにしてほっと過ごせた時間だった。

待ち時間が終わってくまちゃんの診察。(←私の主治医。江川達也似)

黙ってようか言うべきか迷っていたけど、やっぱり私は善しにつけ悪きにつけ嘘がつけない人間なのだわ。。

結局くまちゃんにリスカが再発しちゃったことを告げる。

こっぴどく怒られるか、患者として放り出されるかどっちだろうと思っていたら、くまちゃんは、私を怒らなかった。ただ哀しい顔をして諭された。

「今は浅くしか切らないかもしれないし、自分でそう自信を持ってるかもしれないけど、このまま
いったらエスカレートしていって下手したらうっかり頚動脈切っちゃって腕が動かなくなっちゃったり、最悪死んじゃうこともあるんだよ?制御してね。制御するんだよ。制御できなきゃ入院もあるからね」

ブンブンブン!!(首振り)「入院は、絶対!イヤ!!です!!私は、死にません!!死ぬ気ありません!!まだまだ死にたくありません!!」

とりあえず、鬱に入ってきてるのは確か(躁の時にはリスカなど考えもしない)なので、抗鬱剤が加わり、眠れなくなってるので、定期の眠剤が2錠に増えた。これで1週間やってみてと言われる。

最後にもう一度「制御してね。やっちゃだめだよ」
と声かけされるが
「制御・・・でき・・ませぇ~~~ん・・・(ふぇ~ん{涙})」

どうなんだろう?この患者としての病識のなさ具合ったら。。くまちゃんは怒らずに心配してくれてるのに。。それでも制御できないわ、くまちゃんの言うことさえ守れない私ってなに?

まったく下の記事と矛盾してるよ。。子供引取りたくてがんばってるのも事実。(それは家事とかの母親としてするべき当然の部分でね。前はまったくできなくなっていたから・・)でも一方でいろんなことが私に重くのしかかってまた切り始めちゃってるのも事実。(もともと弱いのか、状態が弱くさせてるのか、病気を通して結果的に弱くなってしまったのか。。)

切っちゃってる限り、子供引取りなんてさせてもらえないだろう・・・そう思うとまた・・・
悪循環・・悪循環・・

この悪循環から脱出するにはどうすりゃいいものか。。

病気が治ればきっと。。。治らないかな?治らないなら、リスカって形で心を落ち着かせるんでなく、薬で気持ちの安定をしっかり保てるようになれればな。。

あとはやっぱ、私に雑音を発してくる対象からしっかり距離を置くことが可能な状態になれば。。
でも、今は難しい。だから早く自分の手元に子供を戻したい。

次の診察でくまちゃんにその点相談してみよう。
くまちゃんは判ってくれると思うけど、判るのと、だからって引取りのgoサイン出すかどうかは別問題だからな。。やっぱ総合的に判断するわけだし。
総合的に判断すればやっぱ・・・・パッパラーな頭で考えても・・だろうなぁ。。あ~あ~。。
by checkpen | 2006-12-29 17:54 | らりぱっぱ♪らりぱっぱ♪

頭が痛いことだらけ

昨日、長男と次男の区域外通学許可書が送られてきた。とりあえず、許可がでるかどうか微妙な感じだったので、ほっと胸をなでおろしているところ。
実は、子供3人、8月からずっと実家に預けっぱの状態になってるっす。

夏休み明けから上の2人は、実家から電車でまず、私の家に寄り、そこから登校班で登校し、下校すると、私の家に一旦荷物を置いて、2時間ばっかし友達と遊んで、それから電車で実家に帰るという生活をずっと続けている。
退院してからは、大体帰りは私が車で実家に送っていくようにしてるけど。

まあ、そんな状態で登校し続けている期間がかなり長くなっているので、学校と教育委員会の方から、区域外通学の許可願いを出すように、指示を受けたわけ。

で、市役所に許可願いを出しにでかけたところ、許可願いよりも、どちらかといえば、一時実家の方の小学校に転校させるほうがより望ましいので、そうするように言われた。
子供の体力面も心配だし、危険回避の意味でもそうした方がいいと・・・

わかる。わかるよぉ。わかるけど。。
でも実家の方の小学校への転校は、一時期であっても私は絶対いやなんだよねー。だって荒れてるらしいんだもん。性質悪いみたいなんだもん。
ここ(地元)の小学校は、のんびりのほほんとしてて、みんな子供らしい子ばっかで、なにより、子供たちはここでたくさんのいい友達に囲まれてて、私は実家から通わせて体力面も負担かけて、私は家にいるのにいまだに実家に預けっぱという子供としては理解不能の精神的な負担もかけて、申し訳ないとは思うけど、もう少し子供には体力面でがんばってもらって、今の状態を維持していってほしいのね。

ともかく、先生の許可がでれば家に戻れるから。もう少しだから。といっても早くて2月くらいになっちゃうとは思うけど。。私もはやく許可だしてもらえるようがんばってるから。。

教育委員会の人にはあと2ヶ月なんで、なんとか区域外通学でお願いしますって食い下がった。食い下がり効果はあったらしい。でも残り2ヶ月でだめだったら、そのときはもう区域外通学却下されちゃうかも。。

チビはもう実家の方の幼稚園に入園することが決まってる。(入院中のため抵抗できず。。)とりあえず1年だけ入れといて、来年また2年保育でこっちの幼稚園に入れ直せばいいと言われたけど、友達もできればなかなか2年保育で入れ直せばいいって単純にはいかないよ。まあ、チビはまだ3歳だからどうとでもなるといえばどうとでもなるけど。。でもチビは確実あと1年はほぼ離れて暮らすことになるんだよなぁ。。まあ、実家が近いから会おうと思えばすぐ会えるし、週末は一緒だろうけど。

この間次男が調子悪くて・・・この子デリケートなんだよねぇ。。調子悪くなってるのと実家に帰らされるのとの両方で悲しくてボロボロ涙こぼして泣いてたの。で、私、家に次男連れて帰ろうとしたんだけど、(一日くらいならなんとかがんばれると思って)まだ無理だからって実家の母が次男を実家に戻してしまった。。そんときの次男の顔が忘れられない。。騙された、って顔して泣き顔で私をギューッって睨んでて。。次男は家に帰れると思ったのに実家に戻されて、私の1000倍どころか、もっとそれ以上心が傷つけられたことだろう。だけど、私もめちゃくちゃ心が痛かったよ。。ごめんね。。

傍目にはなにが悪いのか皆目わからないもんね。見た目はなんでもなさそうなのに、なんで一緒に暮らせないのかわからないよね。理解できないよね。。見捨てられてるような気分になるよね。。

ふぅ~~~。。

強気になりたい。引き取っても大丈夫だから許可しろと大見栄きりたい。でも先走ってやってしまったあとに、また調子を崩せば、結局迷惑を被ったり、負担を強いられるのは、周りの人間であり、他でもない今私がなんとかしたいともがいてる子供たちなのだ、と思うと、ともかく今は早く先生が安心して許可が出せるくらいまで症状を安定させてくしかないのだな。。

退院して調子崩してる人ってわりかし多いんだけど、退院前はなんでそうなるのかわかんなかった。でも今はわかるわ。。外に一歩出ると、開放感とともに、処理しなきゃいけないことや、対処しなきゃいけないことが山積みに待ってるんだね~。
みんな、症状が改善して出て行くけど、完治して出てくわけじゃないから、その身に降りかかってくる諸々は、調子を元の木阿弥にする源泉になるよね~。

入院中鬱に入りこむことはなくって躁だけでラクチンだったのに、今の私はちょっと穴の開いた鬱舟にのっかっちゃって、少しその舟が沈みかけてる感じ。

早く穴をふさいで頑丈な躁の舟に乗り換えねば!
で、気持ちをフラットにもっていかねば!
再入院なんかもってのほかだわ!あんなとこ二度と行きたくねー!!

がんばらないでがんばって、親子5人の当たり前に流れてた日常を一日も早く取り戻すんだわ!!
by checkpen | 2006-12-27 19:31 | らりぱっぱ♪らりぱっぱ♪

おお!さすが久保田君

真珠区のカラオケCD販売してくれてる~♪
by checkpen | 2006-12-27 02:34 | THE東南西北&久保田君

・・・・・・・・・・

調子が良さそうだった人が、その後、調子を非常に崩してたり、調子が悪そうだった人が、その後は思ったよりも元気に復活してて安心したり、色々だ。

私が一番心配してたのが、入院中一番落ち着いて見えたのに、退院後、自傷をしたり、マンションの4階から2回も飛び降りちゃったりしてた彼のことだった。

彼女のことは別段心配してなかった。二人で二日前に彼のことなどを喋って「心配だよねぇ。。4階だって下手したら死んじゃうよ。なにやってるんだろうねぇ。。」なんて、1時間ばかし入院の思い出話や、近況などを報告しあったばかりだった。

昨日、彼女が死んだ。ODだった。多分、突発的な衝動にかられてか、なんとなくの不安感を払拭しようとして、薬を大量に飲んでしまったんだろう。彼女も自分がそれで死んじゃうなんて思ってなかったんじゃないかな。。死んだら死んだで仕方ない、程度の気持ちはあったにしても。。
本当に死ぬ気まではなかったんだと思う。家族もそばにいるし、すぐに発見されるものと思ってたのかもしれない。
でも、運悪く、発見も遅れ、間に合わなくて死んじゃった。。

死んじゃう人はどうやっても死んじゃうものだ。
自殺に対して、私はそういう風に従来から考えている。でもやっぱり、身近な人をこういう形で失くすのはいやなものだな。

彼にも早く元気になってもらいたい。少なくとも飛び降りだけはストップしてほしい。

私?私はどうなんかなぁ。。こればっかはわかんないよねぇ。死ぬ気なくても死んじゃう人って死んじゃうし。。それにさ、「自殺なんて絶対にダメです!」なんて言う人に限って、なにかあるとあっさり死んじゃったりもするしなぁ。。
結局天寿をまっとうできるか、途中で自分で自分の命を断ち切ることになるかは、結局、結果、それがその人の運命ってものなんだろう。

私の座右の唄

生きているのーも めんどくさーい♪ だけど~ 死ぬのーも めんどくさーい♪
ああ  めんどくさーい めんどくさーい♪

私は今のところ、これくらいのいい加減さかげんで適当にタラタラ生きていけてればいいや。
by checkpen | 2006-12-19 12:45 | らりぱっぱ♪らりぱっぱ♪

ザワザワ。。

退院後、週一で入院してた病院に通院してる。えれー混んでて疲れる。
調子は良くもないけど悪くもないといったところ。でもフラットな状態までには遠い感じ。

先生に「どうせ、もう勉強しちゃってるんでしょ?」と聞かれ、「してません。っていうか、その気十分だったんだけど、できなくて困ってます」と答える。
なければ生きていけないはずだったテレビも見られず、パソコンもあまり開けなくなった。
集中力みたいなものがなくなっているんだと思う。

反面、動きは活発で、家事や犬の散歩、スポクラ(←入院中の検査で高脂血症であることが判明。一日1400カロリーの制限食にされるも数値は下がらず、薬を飲むことに…運動することも厳命され、仕方なくスポクラ入りという裏話あり)など止まることなく一日中動いてる感じ。
じっとしているのが怖いのかもしれない。じっとしている時間があると、またやってしまうかもしれないから。。私自身はやっちゃったら、それはそれでかまやしないといえば、かまやしないのだけど、周りがすごく心配するし、またそれで再入院とかは絶対いやだし。。

今日は心がザワザワしてて、いやーな感じ。心臓がキュッとする感じ。
なにがあったわけでもなく、なにがこれから起きるわけでもないのに。。。
こんな時に限って旦那の携帯つながらね~!ああ~。なーんかやだ。不安。不穏。不穏。不安。・・・・・そんなのがエンドレス・・

今日は天気も良かったのになぁ。。おかしいなぁ。ふぅ~。。。
by checkpen | 2006-12-15 18:44 | らりぱっぱ♪らりぱっぱ♪

「preflight」買った

なんで「追いかけっこ」がデモ録版なのぉ~。まともなのが欲しかったよぉ!!
他の曲は既発売曲だったしなー。ミニアルバムと考えればいいのだろうか?
っていうか、はやくフルアルバム出して欲しいよ。
ああ!!下北沢に行きてぇ!!そして、‘‘千葉テレビ‘‘グッジョブ!!
by checkpen | 2006-12-13 23:15 | Big Bird

何故書士を目指すのか?

ある人に、ブログ上に、その動機づけが書かれていないことを指摘され、問われたことで、ふと、
私の書士を目指す理由はなんなんだろうと考えてみましたが、多分、ひとからみて納得がいくような強い動機付けなんて私にはないのかもしれないと思いました。ただ、私の中ではそれはとても強い動機付けであり、目指す理由になってるのは確かなんですけど。。
でもまあ、人に言うことでもないかなと。。

強い動機付けをもって鼻息荒くがんばっていようと、受からなきゃその気持ちはいつまでも宙に浮いたままだし、反対に真剣にやってるこっちの気持ちを逆立てするような、「書士受験は趣味でーす」「記念受験でーす」なんて人でも、それでも受かればその人たちを認めざるをえないし。。受かるってことは受かるためにそれだけの量も質もこなしてきてるってことだものね。一ページも本を開かず、何もしないで受かる人なんていっこないから。

人から見て受験にむかう姿勢が真剣に見えるか、いい加減にみえるかとか、そういうのはあまりたいしたことではないのかもな。こういっちゃ実も蓋もないけど、結局のところ、結果がすべてなんだろうから。

そのうち動機について書くこともあるかもしれないけど、自分の中ではそれは受かるまでは基本的に封印って思ってやっています。なんとなく自分の中では、受かってもいない人間が言ってもしようがないこと、受かったからこそ言っていいことの区分けみたいなものができていまして。。

そんなわけで、動機についてはこんな感じでご了承くださいませ・・すんまそ。。
by checkpen | 2006-12-05 09:53 | その他